胃薬について知りたい方のためのお役立ち情報サイト

胃薬について知りたい方のためのお役立ち情報サイト

胃腸薬は、健胃消化剤、制酸剤、整腸剤、止瀉(ししゃ)剤(下痢止め)など胃や腸に作用する薬の一般名で、胃カタル、腸カタル、胃下垂、胃拡張、胃アトニー、消化不良などのほか、胸やけ、腹痛、下痢などの症状に用いる医薬品の総称。

 

概して一般用医薬品で、家庭常備薬としてまた海外旅行者の必需品として用いられる。

 

俗に胃薬(い ぐすり)と呼ばれることも多い。胃酸を中和し、胃腸の過度な働きを抑制するものと、胃酸の分泌を促進し、胃腸の働きを活発にするものとに大別される。

 

症状にあわない医薬品を選択すると効果がないばかりか、症状を悪化させることとなる。これら両方の効果を持つ複合胃腸薬も市販されている。

 

瀉下薬や止瀉薬も広義の胃腸薬に含まれます。
おもなものをあげると、胃酸過多に用いる制酸剤(重曹、酸化マグネシウム、乾燥水酸化アルミニウムゲルなど)。

 

食べすぎや消化不良に用いる消化剤(ジアスターゼ、ペプシン、パンクレアチンのほか、微生物由来のアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、セルラーゼなど)、食欲不振や消化不良時に胃の運動を促進し、胃液の分泌を亢進(こうしん)させるものも市販されています。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

胃粘膜を保護する薬

胃酸は、通常、胃に食べ物が入ったのを感じて分泌され、消化に必要な物質です。しかし、様々な原因により、空腹時に胃酸が分泌されることがあります。そうすると、胃の粘膜が胃酸で消化されて障害を受けてしまいます。この胃酸から胃粘膜を守るための薬が胃粘膜保護薬です。胃粘液の分泌を促す、胃粘膜を覆って胃液による消化から保護し、荒れた胃粘膜の修復を促すなどの作用があります。

 

・アズレン:抗潰瘍、抗炎症作用。口内の爛れ健胃に用いられる。
・アルジオキサ:胃粘膜の修復が期待される。
・スクラルファート:胃や十二指腸の潰瘍部分に、蛋白質と合成し皮膜を形成し保護する。
・ゲファルナート:消化管の粘膜抵抗性を増強して粘液分泌亢進作用、粘膜微小循環改善作用を有します。
・ソファルコン:内因性プロスタグランジンを助け、胃粘膜での血管新生、胃粘液増加、上皮細胞の増殖などの作用を有する。
・テプレノン:胃粘膜、胃粘液中の再生・防御の主要因子である高分子糖蛋白質及びリン脂質の合成を促進し、更に粘液中の重炭酸塩の濃度を高めます。
・塩酸セトラキサート:胃の中で分解されて、アミノ酸とトラネキサム酸に変化する。胃粘膜の微小循環の改善作用がある。
・銅クロロフィリンカリウム:胃粘膜保護・修復
・銅クロロフィリンナトリウム:胃粘膜保護・修復、歯槽膿漏
・メチルメチオニンスルホニウムクロライド(MMC):生キャベツ汁中より発見された抗潰瘍因子。

 

消化を助ける薬

消化薬は、胃腸管における消化吸収過程を促進するための消化酵素を主成分としている薬です。酵素製剤にはジアスターゼ(炭水化物消化),含糖ペプシン(タンパク質分解),リパーゼ(脂肪分解),その他パンクレアチンなどがあります。消化酵素は他の胃腸薬成分よりもデリケートなので、胃の酸が強いと効果が落ちるものも多いので、製剤に工夫がこらされています。

 

消化薬の一部には、腸での消化を良くするために胆汁分泌を増加させる成分を加えることもある。消化酵素薬には、胃液の強い酸の中でもタンパク質消化作 用を示す耐酸性のヒロターゼ、耐酸性の脂肪消化酵素リパーゼAを含む製剤や、胃液の作用による不活性化を製剤技術(腸溶性コーティング)により防いだ製剤などがある。また、でんぷん、タンパク質、脂肪および繊維素のいずれをも消化する耐酸性の消化酵素で、胃内、または腸内においても消化作用を現すマミターゼを含む製剤もある。日本人は炭水化物を摂取する機会が多いので、昔はジアスターゼというものが主に用いられていましたが、食生活が変化するとともにタンパク質、脂肪の摂取量が増えてきたので、消化酵素を主成分とする消化薬が用いられるようになったと言われている。消化薬は古い薬になるが、安全性が高く大きな副作用というのもありません。また値段も低価格なので、手軽に購入することが出来ます。