ドラッグストアが発信する 胃や腸の潰瘍の薬に関する情報サイト

胃や腸の潰瘍の薬について

『胃薬』オメプラール 錠
適応:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症、胃潰瘍又は十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助

 

用法・容量:
○胃潰瘍、吻合部潰瘍、十二指腸潰瘍、Zollinger-Ellison症候群
通常、成人にはオメプラゾールとして1日1回20mgを経口投与する。なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とします。

 

○逆流性食道炎
通常、成人にはオメプラゾールとして1日1回20mgを経口投与し、通常、8週間までの投与とする。

 

さらに再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1日1回10〜20mgを経口投与する。

 

○非びらん性胃食道逆流症
通常、成人にはオメプラゾールとして1日1回10mgを経口投与し、通常、4週間までの投与とする。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

○胃潰瘍又は十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
通常、成人にはオメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリンとして1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3 剤を同時に1日2回、7日間経口投与。

 

クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができるが、1回400mg(力価)1日2回 を上限とする。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸