ドラッグストアが発信する 便秘の薬に関する情報サイト

便秘の薬に関する情報サイト

便秘薬の種類による特徴
・ 刺激性下剤(大腸に刺激を与え、ぜん動運動を促す)
市販薬の中では、一番多く使われます。習慣性があると言われ、腹痛をおこすこともあります。刺激が強いので、妊婦やけいれん性便秘の方には使うことができません。大正製薬の「コーラックソフト」、皇漢堂製薬の「ビューラック」などの主成分であり、武田薬品工業の「ビオフェルミン便秘薬」にも含まれています。
・塩類下剤(浸透圧を利用し、便に水分を引き寄せる)

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

効き方は穏やかで、習慣性がなく、医師が妊婦に処方することもある成分の薬です。エムジーファーマの「ミルマグ」などが、これにあたります。
・膨張性下剤(食物繊維と同じように水分を吸って膨らむ)
習慣性がないので、長期使用にも向きます。しかし、妊婦やけいれん性便秘の方には使えません。佐藤製薬の「サトラックス」などが、これにあたります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・ 塩類下剤(浸透圧を利用し、便に水分を引き寄せる)
効き方が穏やかで、習慣性がなく、医師が妊婦に処方することもある成分の薬。エムジーファーマの「ミルマグ」などが、これにあたります。
・ 浸潤性下剤(界面活性作用で、便を柔らかくする)
効き目が弱いため、市販薬では他の成分と合わせて使われることが多いようです。「コーラック2」「サトラックス」などにも含まれています。

 

薬剤師 募集