ドラッグストアが発信する 過敏性腸症候群の薬に関する情報サイト

過敏性腸症候群の薬に関する情報サイト

・消化管運動調律薬「セレキノン」
胃腸の調子を整える作用がある。胃腸に存在する、オピオイド受容体に作用して、胃腸を規則的に運動させる。とくに、下痢をともなう過敏性腸症候群には、好んで用いられる。食前に飲むと効果的。
・ゲル形成薬「コロネル、ポリフル」
便の固さをほどよくし便通を整える。腸内容物を膨潤・ゲル化し、便の水分バランスを調整するので、下痢と便秘の両方に効果が期待できる。食後にコップ1杯ほどの十分な水で服用する。
・5-HT3受容体拮抗薬「イリボー」

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

男性の下痢型の過敏性腸症候群に適応する。便秘があるなら不適当です。腸の運動を亢進させるセロトニン(5‐HT3)という神経伝達物質をおさえることで、下痢や腹痛を改善する。
・漢方薬「桂枝加芍薬湯、半夏瀉心湯」
桂枝加芍薬湯は、おなかの膨満感や腹痛があるときに最適。“みぞおち”につかえ感のあるとき、あるいは精神的要因が強い場合には、半夏瀉心湯がよい。そのほか、病状や体質に合わせて、いろいろな漢方薬が処方される。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・その他「チアトン、トランコロン、トランコロンP、イリコロンM、ストロカインなど」
チアトンからイリコロンは、鎮けい薬(抗コリン薬)の部類です。腸の運動を抑える作用があるので、腹痛をともなう下痢症状に効果的である。胃粘膜局所麻酔薬のストロカインは、過敏性腸症候群で食後に下痢を起こしやすい人に用いることがある。

 

調剤薬局